受け継がれる伝統

ちょっとした説明文が入ります。ちょっとした説明文が入ります。
ちょっとした説明文が入ります。ちょっとした説明文が入ります。ちょっとした説明文が入ります。

結い髪 お店だし

舞妓さんの結い髪は、成長に合わせて結い方が変わります。
舞妓さんデビューの『お店だし』の日に、舞妓として初めて結う『割れしのぶ』の結い髪。
ハレのお祝いの日に、その置屋さんに代々受け継がれてきている鼈甲の簪を付けさせてもらい
見返りとよばれる銀の返しをつけられます。
この結い髪は、お店だしから3日間のみ。
ここから始まるというお気持ちを秘めながら、初々しい舞妓さん姿を披露されます。

お稽古のおこなわれる各花街の学校(お稽古場)

上七軒  … 上七軒歌舞練場
祇園甲部 … 八坂女紅場学園
祇園東  … 祇園東お茶屋組合
先斗町  … 鴨川学園
宮川町  … 東山女子学園

※このほかにも各お師匠さんのお宅などでもお稽古をされることも多いようです。
※花街にかかる検番とよばれる、その月におこなわれるお稽古のスケジュール表のようなものがかけられている街もあります。

おついたちのご挨拶まわり

花街により若干違いはありますが、毎月1日(おついたち)と15日には、
お世話になっているお茶屋さんに御挨拶まわりをされることが多いのです。
時間的には、お昼前後といったところが多いようです。

置屋さんによっては、おついたちと15日には
毎月お赤飯を食べる習慣のお家もあるようです。
いつもお世話になっているお茶屋さんなどに、日頃の感謝と、
また、引き続きよろしくおねがいします、との思いでまわられます。

御挨拶に行った先のお茶屋さんがお留守の場合、
お茶屋さん前で、御挨拶に寄せてもらいました…と一筆書いて、
お茶屋さんの戸にメモをはさむ、けなげな可愛らしい舞妓さん姿を見かけることもあります。

PAGE TOP