ちゃりまいの会

開催日:2019/2/16 18:00~20:30 参加費用:25000円 受付状況:受付終了

ちゃりまいの「ちゃり」は「滑稽めいたもの」という意味で、そうした傾向の曲、場面、役柄に使われ、人形浄瑠璃や歌舞伎では笑わせることを目的とした滑稽な場面を「ちゃり場」と言うそうです。

まいは「舞」なので「ちゃりまい」とは要するに面白おかしく踊ったり、馬鹿馬鹿しい事をして遊ぶ事を言います。

基本的には一般的なお座敷遊びと同様、お食事をしながら芸舞妓さんのおもてなしを受け、舞を観たりお座敷遊びをして楽しむ宴会ですが、もっと気軽に、そして芸舞妓さんと一緒になって舞やお座敷遊びを楽しめる会にしたいと考えています。

例えば「お座敷遊び」には有名な「とらとら」や「金比羅船々」以外にもたくさんの遊びがあり、常連さんしか知らない様な色んなお座敷遊びもたくさんして頂きたいと思います。

 

場所は先斗町の料理屋さんのお座敷にて開催、会席料理、お飲み物(各種お酒・ソフトドリンク)飲み放題、

芸妓さんは久加代さん舞妓さんは秀華乃さん、秀眞衣さんをお呼びしての「ちゃりまい」ここでしか味わえないお座敷遊びをご体験下さい^^

※会の性質上、芸舞妓さんとの記念撮影以外の撮影は禁止とさせて頂きます。

※定20名様(お席に限りがありますのでお早めにお申し込み下さい。)

料金には食事、飲み物代の他、芸舞妓さんへのお花代・ご祝儀も含まれております。

参加費は事前に銀行振り込みまたはクレジットカードでお支払いが可能です。

また、「ちゃりまいの会」の前に京都観光をしたいと言うご要望にお応えして、伏見稲荷大社参拝と周辺散策も計画していますのでご都合よろしければそちらも合わせてご参加下さい。

お申込みはこちら

  1. 伏見稲荷大社の魅力
  2. スケジュール・注意事項

伏見稲荷大社は全国にある約3万もの稲荷神社の総大社で、商売繁昌・家内安・交通安・厄 除・病気平癒など様々なご利益とパワースポットとしても知られ千本鳥居は世界的にも有名ですが、見所は他にもたくさんあります。

今回の旅では奥社奉拝所からさらに約2時間の道のり、伏見稲荷大社の裏パワースポットと呼ばれるディープな世界を巡ります。

・朱色の重なる鳥居に光が差し込んでなんとも言えない幻想的な雰囲気の「千本鳥居」この千本鳥居は、伏見稲荷大社にお参りに来た人が、願い事が「通った」お礼の意味を込めて鳥居を奉納する習慣が広がったものだそう。

・「竹取物語」のゆかりの地で、千代紙の人形に願いごとを書き込む「叶雛」(かなえびな)の信仰がある「伏見神寶神社の叶雛」(ふしみかんだからじんじゃのかなえびな)

・奥社奉拝所の本殿の右脇には石灯籠が2つ並んでおり、れぞれの灯籠の上には「おもかる石」と呼称される石が置かれています。この「おもかる石」は持ち上げれるようになっており、持ち上げた時の感覚によって一種の占いができるようになっています。

・奥社から山頂へ向かう参道途中に歪な形をした松の木があり、この松の木は古来、「奇妙大明神」と呼ばれています。松の木の根は地面から持ち上がり、股のように左右にわかれていて、この股のような形の根をくぐると、商売繁盛や肩こり・神経痛の平癒にご利益があるとされています。(現在ご神木は枯れていて危険なためくぐるのは禁止されていますが、俗信はまだ生きているそうです。)

・勝負ごとや商売繁盛の神さまが祀られ、一発勝負をかけたい時にお参りすると良い運気が得られるという「熊鷹社」(くまたかしゃ)

・手をたたいて、こだまが返ってきた方向に探しもの(人など)の手がかりがあると言われる「こだま池」熊鷹社で願い事、頼み事を済ませ、池の畔で柏手を二回打つと、幸運を示す方向からコダマが帰ってくる。その時、コダマが近くから帰ってきたように感じれば願い事は早く叶い、遠くから帰ってきたように感じれば成就は遅くなると言われています。

・人気を得られるご利益があると言われ、古くから芸事・役者の参拝者が多く、周りには明治時代の歌舞伎役者の奉納によるお塚が点在している「荒神峯」

・手水舎には、“逆さのキツネ”像が置かれ、まるで空を飛んでいるよう。このキツネの目を撫でると、目の病気が治るとされる「眼力社」(がんりきしゃ)目が良くなるという意味から、「先見の明・眼力が授かる」というご利益があると言われています。

・病気の回復や健康運にご利益があるとされる「薬力社」(やくりきしゃ)と「薬力の滝」ご神水と呼ばれる湧水があり、前にある薬力亭ではご神水を使ったコーヒーやゆで卵がいただけます。

・「長者社」とも言われ、雷神・龍神が宿る「御劔社」(みつるぎしゃ)「劔石」「雷石」と呼ばれ、その昔、この岩に雷が落ち、神がその雷をこの岩に封じ込め、縄で縛ったとの伝承があります。 手で触れると、運気や運勢がアップするパワーストーン。また、「焼刃の水」と呼ばれる井戸の水はご神水として持ち帰ると運気が上昇するそう。

・今から1300年以上の昔に、お稲荷さんこと「稲荷大明神」が舞い降りた稲荷信仰の原点である稲荷山の山頂「一ノ峰」。「一ノ峰」は、「末広社」とも言われ、「大宮能売大神」(おおみやのめのおおかみ)という女神が祀られ、芸能や商売繁盛、家内安全、家族和合の神様で末広がりに愛を伝える心優しい女神と言われています。

・稲荷大神の中でも、えん結びをつかさどり、人々の良縁、求人、就職他、色々な人と人との縁を結んでくださる神様を祀る「口入稲荷神社」(くちいれ・いなりじんじゃ)

などなど、様々なご利益のある場所、そしてパワースポットを巡りたいと思います。

お申込みはこちら

・着物で京都観光(観光のみのご参加も可能です。参加費無料)

13:00~ 伏見稲荷大社(商売繁昌・家内安・交通安・厄 除・病気平癒・縁結)などのご利益や千本鳥居で世界的にも有名な伏見稲荷大社を参拝・周辺散策

※当初は着物で参拝を考えておりましたが、お山歩きは山道を2時間ほど歩きますので動きやすい服装でご参加下さい。

17:00~ 着物レンタル・着付け(必要な方のみ)レンタル料別途3800円~

※観光時の交通費や参拝料なども参加費に含まれておりませんので現地でご精算下さい。

・夜の部(夜の部からのご参加も可能です。参加費25,000円)

17:45  先斗町の料理屋さんに集合

18:00~ 「ちゃりまいの会」スタート

20:30頃 終了・ご希望の方は2次会へ

~注意事項・Q&A~

Q.服装はどんな服装でも大丈夫ですか?

A.はい、服装に関しましては普段着で大丈夫です。洋服でも和装でもご自由になります。

Q.舞妓さんの写真を撮影してブログやSNSなどに投稿しても大丈夫でしょうか?

A.はい、写真はご自由に投稿して頂けます。ただし動画に関しましては舞やお座敷遊びの様子以外はSNSなどへの投稿はお控え下さい。また、他のお客様が映っている場合は許可を得て頂きますようお願い致します。※顔出しNGの方は事前にお知らせ下さい。

Q.一人での参加になりますが大丈夫でしょうか?

A.もちろん、お一人様でもお気軽にご参加ください。舞妓倶楽部のイベントには毎回、初めて参加される方がいらっしゃいます。また、お酒の席ですので皆さん和気あいあいと楽しんで頂けるよう配慮致しております。

お申込みはこちら

PAGE TOP