受け継がれる伝統

ちょっとした説明文が入ります。ちょっとした説明文が入ります。
ちょっとした説明文が入ります。ちょっとした説明文が入ります。ちょっとした説明文が入ります。

五花街(ごかがい)について

京都には、5つの花街があります。その総称として、五花街(ごかがい)と呼ばれ、

上七軒・祇園甲部・祇園東・先斗町・宮川町

という5つの花街があります。

まるで昔にタイムスリップしたかのような雰囲気、
はんなりとした空気のなかにも、凛とした緊張感がどの街にも醸しだされています。
伝統としきたりをしっかりと受け継ぎ守ってきたからこそ、
何事にもぶれることのない強さの表れなのでしょうか…

そして、そこで生きる芸妓さん、舞妓さん達は、
京都のみならぬ、日本の美徳の伝承者といえることでしょう。

上七軒(かみしちけん)

室町時代、北野天満宮が火事にみまわれ、その修復作業の際に残った材木を譲り受け、七軒のお茶屋を建てたことが始まりで、当時は、七軒茶屋と呼ばれていました。

それ以来、北野天満宮の門前茶屋として栄えてきた街です。

他の4つの花街とは、少し離れた場所にありますが、五花街の中で最も歴史のある最古の花街と伝えられています。

紋章は、太閤秀吉がお気に入りだった「五つ団子」で円が描かれています。

 

上七軒の紋章

上七軒紋章室町時代の頃、北野天満宮の修造に併せ七軒のお茶屋が建てられたのが起こりです。

その後、太閤秀吉が北野犬茶会を催したおり、名物の御手洗団子を献上したところいたく褒められ御手洗団子を商う特権と法会茶屋株を賜りました。

五つ団子の紋章を用いるのはこの御手洗団子に由来するのであります。

祇園甲部(ぎおんこうぶ)

八坂神社の参拝者でにぎわう門前町で、水茶屋として栄え、五花街の中で一番大規模な街です。

文学者の題材や歌舞伎などの舞台にもなったことから、世間での著名度も一番高く、現在でも、花街と聞けば祇園、と発想される方も少なくないでしょう。

また、大石内蔵助で有名になった一力茶屋があることでも知られています。

紋章は、街の8町内にちなんで、8個の「つなぎ団子」の中に、「甲」の一文字が描かれています。

 

祇園甲部の紋章

祇園甲部紋章嘉永四年(一七四万、組内八ヶ町の頭文字を円形でっなぎ、その中に『祇』の字を白抜きにしたものでしたが、明治になって甲・乙の二部に分離された時、団子つなぎの中の『祇』に変わり『甲』が入れられ今日に至っています。

PAGE TOP