舞妓倶楽部とは

一に、舞妓さん
二に、舞妓さんのいる街・京都
三に、熟練の職人方をはじめ、彼女たちを取り巻く京文化を形づくる人々

『日本の宝石』といえるこれら三つの魅力を世界に向けて発信しております。

あらゆる物事がめくるめく変化を遂げていく昨今…
私たちはこの社会と共に進化し続けています。成長することは生きる喜び。
しかし、その一方でけっして忘れてはならないことがあると思います。
それは、ずばり、「日本人としての誇り」です。

国際観光都市としてめざましい発展を遂げながらも、
先人たちの築いてきた伝統を守り抜く京都、そして花街。
優に300年以上もの間、その歴史、その しきたりを受け継ぎながら、
花街言葉にはじまり、所作の一つひとつから、踊り、唄、楽器のお稽古に至るまで…
一人前の芸妓さんになるために、青春時代のす べてを賭けて、
“美”と“芸”を磨き続ける舞妓さんたち。

彼女らほど、自らが日本人であることを深く自負し、
日本文化をリアルタイムで体現しつつ、
今この時を懸命に生きる存在は他にいないでしょう。

まさに、舞妓さんは“日本の心”そのもの…。

『なぜ、日本に生まれたのか。この国に生まれた日 本人として今、何ができるのか』

こんな問いかけを私たちの目を覚ますかのようにそっと投げかけてくれるのです。
そして、きっとあなたも気づくことができ るはずです。
「ああ、日本に生まれて、本当に幸せだな」と。

『世界に日本があってよかった。
日本に京都があってよかった。
京都に舞妓さんがいてよかった』

この想いあなたと共有させていただければ、光栄です。

PAGE TOP