openmatomeview

花街・芸舞妓さん行きかう風景 - 舞妓倶楽部
花街で生活されている芸舞妓さんの様子と共に、花街を行きかう芸舞妓さんの姿を見かけることのできる機会をご紹介いたします。
Updated Date : 2017-08-04 16:38:45
Author ✎ maikoclub
この記事をシェアしてください。 ☺

花街・芸舞妓さん行きかう風景
最近では、お料理屋さんなどで芸舞妓さんの舞を見たり、お食事ができるところなども増えてきました。 また、イベントなども各所で行われますが、もちろんのこと、入場料やお食事代はかかってしまいます。 そこで今回は、花街で生活されている芸舞妓さんの様子と共に、花街を行きかう芸舞妓さんの姿を見かけることのできる機会をご紹介いたしましょう。
OpenMatome
芸舞妓さんの一日
午前中は舞や鳴り物のお稽古へ出かけ、15時頃から白粉(おしろい)をし、18時頃からのお座敷に向けてお支度をされます。 お座敷は、たいがい、先席(さきせき)・後席(あとせき)に分かれており、およそ、20時半前後に後席(あとせき)に向かわれることが多いようです。
OpenMatome
芸舞妓さんの公休日
実お茶屋さんは、日曜日がお休みのところが多く、 舞妓さん自体、基本的には、公休日が月に2回あります。 花街により違いがありますが、 第2日曜日と最終日曜日に公休日をもらわれることが多いようです。
OpenMatome
お昼間の芸舞妓さん
午前中のお稽古は、各花街の学校へ出向かれるか、 お師匠さんのお宅に出向かれることが多いようです。 ですので、その学校周辺などでは、 お衣装ではない、普段のお着物姿の芸舞妓さんの行きかう姿を 見かけられる機会は高いことでしょう。
OpenMatome
お稽古のおこなわれる各花街の学校やお稽古場
上七軒  … 上七軒歌舞練場 祇園甲部 … 八坂女紅場学園 祇園東  … 祇園東お茶屋組合 先斗町  … 鴨川学園 宮川町  … 東山女子学園
OpenMatome
芸舞妓さん、お仕事へ
夕方からは、どの花街もおよそ18時頃からお客様がお茶屋さんにいらっしゃいます。 ですので、それまでに芸舞妓さんたちは、お座敷に向かわれるのです。 置屋さんもお茶屋さんも同じ街の中が多いため、 各花街、およそ、17時30分ぐらいから18時前ぐらいまでが、 芸舞妓さんの移動の時間となります。 その辺りの時間帯で各花街のお茶屋さん界隈を散策していると、 足早に暖簾をくぐられる芸舞妓さんを見かけられる機会は高くなるようです。 そして、次の後席(あとせき)のお座敷へと移動される20時半すぎ頃にも、 夜の花街を行き来する芸舞妓さんを見かけることができるかも知れません。
OpenMatome
ちょっと花街耳より情報
午前中のお稽古が終わってから、 15時頃までは自由にできる時間をもらえる場合も多いようで、 近所の喫茶店や、お店屋さんで仲良し舞妓さんが連れだってお買いものしている、 微笑ましい姿なども時たま見かけることができます。 また、花街により若干違いはありますが、 毎月1日(おついたち)と15日には、 お世話になっているお茶屋さんに御挨拶まわりをされることが多いのです。 時間的には、お昼前後といったところが多いようです。 御挨拶に行った先のお茶屋さんがお留守の場合、 お茶屋さん前で、御挨拶に寄せてもらいました…と一筆書いて、 お茶屋さんの戸にメモをはさむ、 けなげな可愛らしい舞妓さん姿を見かけることもあります。
OpenMatome
最後に…舞妓さんを理解していただくために
これらの情報をご紹介した上で、お願いがあります。 決して、無理矢理呼びとめたり、 写真を一緒に撮ってもらいたいと追いかけたりは、しないであげてくださいね。 あなた一人ぐらいなら…と思われるかもしれませんが、 もしも一度立ちどまったならば、きっと、私も!私も!!と次々と呼びとめられ、 お座敷やお稽古の時間に間に合わなくなってしまうかも知れません。 また、芸舞妓さんであるとともに、一人の若い女性です。 大勢の人達に一機に囲まれてしまったら、とても怖い思いをされることでしょう。 芸舞妓さん達が、足早に花街を行きかう姿こそ、 プロとしての誇りをもった真の姿であると受け入れていただければと願います。 そして、それを乱すことなく、 そっと見守ろうとする皆さんのあたたかいお気持ちがあるからこそ、 今もなお、風情ある花街の日常を垣間見ることができるのでございましょう。
OpenMatome
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

花街の一年 - 舞妓倶楽部
京の五花街 - 舞妓倶楽部
ご支援・ご協力 - 舞妓倶楽部
舞妓倶楽部について - 舞妓倶楽部
季節の装い - 舞妓倶楽部